あ〜設計前に知りたかったぁ〜 (/_;) やらかしポイント:その1

最近書くことがなくなってきたなぁ〜と感じて更新も滞りがちだったところにやってきました。

やらかしポイント!

今まで結構順調に来たのですが、やっぱ出て来ちゃいました〜 (;´Д`)

できればやらかしポイントの記事は書きたくなかった・・・その1で終わってくれればいいけど、きっとこれから出てくるんだろうな;;

 

 

先日、夫と一緒に全労済に行って来ました。

 

生命保険の相談に行ったのですが、自宅を新築中だというと、「住まいる共済」という火災保険がありますよーと窓口の方が教えてくれたので

あ、そろそろ火災保険も決めなきゃだよね〜

と、ついでにそっちの見積もりも出して頂きました。

 

そのとき、いくつか質問されたのですが、

その中に

 

「省令準耐火仕様のお家ですか?」

 

ってのがありまして・・・。

ん?

聞いたことあるような気もするけど、どうだろう?でもウチは長期優良住宅だし、性能のいい家だと聞いてるから、

「たぶんそうだと思います。」

と、答えました。

それなら保険料もだいぶお安くなりますよ〜  (^_^)

と、出していただいた見積もりがコチラ

th_IMG_1533th_IMG_1531

年払い:46360円(住宅1900万、家財1000万その他の場合)

うちは35年一括する予算もないし、あんまり長く設定して途中でその保険会社が倒産したらどうなるの? という不安もあったので、長くても10年払い、今回のは1年払いで見積もりしていただいてます。

ちなみにこれは新自然災害の方が大型タイプっていうもので台風などの自然災害時の保証が大きいタイプでして、標準タイプなら、36210円でした。

おー意外と安くていいね!火災保険は全労済でいいかも?

と、ルンルンで帰宅 (*´∀`*)

あ、一応、省令準耐火仕様かどうか聞いてみよう〜っと

後日、玄ハウジングさんに確認してみました

ら、

「違いますよ〜、その仕様にするならボードを専用の物で厚くしたりとかいろいろ変えないといけないので。」

 

 ナ、ナンダッテー━━ΣΣ(゚Д゚ ;)━━!!

 

 

ウチは省令準耐火仕様じゃなかった・・・;;

 

・゜・(つД`)・゜・

 

しかも、よく調べてみたら、省令準耐火仕様なら、火災保険料は半額〜6割引き!!

になるんですね!

え、常識? 知らなかったよ〜;;

その仕様にすると、間取りとか、使う材料が変わってくるので、設計前に決めとかないと、後で変えるのは難しいみたい。

デザインにも制約がでてくるし、費用もその分上がるようですが、

費用の面だけみれば、変更に40万かかったとしても、火災保険が半額になるのなら35年分の保険料を考えると、結局かかる費用はトントンですむかもしれないし、それで燃えにくいお家になるなら、そっちにしますよね〜!

省令準耐火仕様にすると費用がどれくらい変わるのかもわかりませんが、

 

最初に知っていれば、設計をお願いする時に省令準耐火仕様を考慮に入れてもらって

検討することができたよな〜と、めっちゃ後悔中 (T_T)

 

結局デザインや間取りの問題でやめてたかもしれないけど、

検討もできなかったのがショックです (ノд`)゚

 

今から間取りを決めるよ〜っという方は、

「省令準耐火仕様」かどうか、HMに確認してみることをオススメします><

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます <(_ _*)>
↓ 応援クリックして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

※現在までにかかった金額の内訳は、トップの固定ページにて公開中!

あ〜設計前に知りたかったぁ〜 (/_;) やらかしポイント:その1” への2件のフィードバック

  1. さくこ のコメント:

    >k k kさま

    返信が遅くなりまして申し訳ありません。コメントありがとうございます^^
    詳しく説明もしていただきありがとうございました。
    家の性能等については、いろいろと勉強したつもりだったのですが、
    今になって考えると全然足りてなかったな〜と思います^^;
    素人が一から勉強するとなると、やっぱり大変なので、大事な所はできれば
    工務店さん側からいろいろと教えて頂けると助かりますね (*´∀`*)
    今回の仕様はちょっと残念でしたが、デザイン的に難しかったことも説明して頂きましたし、
    いま新居に住んでみて、とっても満足しているので玄ハウジングさんで建てて良かったと思っています (*´ω`*)

  2. kkk のコメント:

    そこまで費用は掛かりません。
    ものすごくざっくり言えと言われると(もちろん各工務店によって標準仕様が違いますのでご了承ください)
    ・1階天井PB9.5mm→9.5mm2枚
    ・2階天井PB9.5mm→12.5mm1枚
    ・壁のPBを梁下50mmまで先行張り上げ
    ・収納内もPB+クロス
    ・外部不燃材
     鼻隠しや軒天ボード、外壁等々
    (通気見切りや有孔については規定はありません)

    など、上記に述べたあたりを変更するだけですし
    準耐火のようにサッシ・ガラス・玄関ドアなどに規定があるものでもありませんので
    特に難しい仕様でもありません。

    2~3年前などでしたら不慣れな工務店もまだ多くあまり施工されてはなかったかもしれませんが、日付を見るとつい最近のお話しのようですので少し驚きました。
    もしデザインで内装に梁を見せている、真壁がある、などで露出している場合は
    JBN仕様の省令でないと露出ができませんので申請等々で手間がかかる(またはJBN対応していない会社では不可)の場合がありますので難しいです。

    省令だけでなく、家の「仕様」というのは多岐にわたりますので
    一般の方は全て知識を入れることは不可能です。
    そして全てにおいて完璧に、というのも現実と向き合うと難しい方が大多数です。
    最近皆さん軽く考えられがちなのですが
    住まい手側がどの様に暮らしていくか、どのような気持ちで生活していくかということは
    驚くほど大切ですので
    家の仕様・性能・デザインと併せて今一度見つめなおしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。